心をより自由に~我がままに生きる~

介護の仕事をしています。私が実践してる幸せに自分らしく生きるコツや、日々の生活で感じたことをお伝えするブログです。

立派な人間にならなくていい

立派な学校を出て、立派な資格を取って、立派な社会人になって、立派な仕事をして、立派な家庭をもって、立派な家族をするのもいいけれども、

そうなろうとして苦しんではいませんか?
立派な人間も素晴らしいですが、それが全てではありません。

立派な人間にならなくても、幸せにはなれるんです。

成長(成功)=幸せではないのです。

出来ない自分もいれば出来る自分もいる。
そんな自分のまんまで幸せになりましょう。

とはいえ出来ない自分ってみせたくないし、可能であれば出来る自分でいたいですよね。(私もです。)
そんな自分も認めてあげてください(笑)

↓素晴らしい記事です。是非。
ameblo.jp

クズな自分を認める

クズな自分、どうしようもない自分、ダメな自分、バカな自分、普通に考えてあり得ない自分を認めてあげてください。

世間からみたらクズでゲスくて、どうしようもなくて、あり得なくても、それも自分の一部なんです。(悲しいことに)

正直、認めたくないですよね、クズだと思われたくないですもんね、どうしようもないって言われたくないですもんね。

改善できるならしたいですよね。
でも改善しようとして無理じゃなかったですか?

それも自分の一部だから無理だったんです。
世間からみたら悪でも、それも自分の一部なんです。
中々変えられないものってそういうこと。

だからさっさと認めるんです、クズな自分を。
開き直るんです、自分はクズだって。
クズでいい、だってこれも自分だもんって。
許してあげてください。

どうしようも出来ない部分をいくら責めても仕方ないです、どう頑張っても出来ないものは出来ませんからね。さっさと白旗🏳️あげてください(笑)

私もだけど。

いつもやってるものは本当に好きなもの?

常に会ってる人や、食べてるもの、飲んでるもので好きなものは、本当に好きで選んでいるものもあり(私の場合ビールや日本酒)、習慣になっていて好きという感覚が麻痺して惰性で選んでしまっているものもある。


定期的に会いたくなる人、食べたくなるもの、飲みたくなるもの、行きたくなる場所は、惰性さがない、かなり好きなものなんじゃないかなって思う。

ゴーヤチャンプルーが食べたくてゴーヤを買いにいったら、いつの間にか手をのばしていたものたち。


f:id:nayaman:20200323204215j:plain


沖縄、好きなんだなー。


ソーキそばの冷食初めて見ました、あるんですね!
美味しかったらリピ確だな。

追記 十分なお味でした、ソーキが美味しい!

なんのために資格を取るのか?

「資格は(早めに)取った方がいいよ」
働いていると、必ず耳にすると思います。

私の働いている業界だと、介護福祉士や、社会福祉士、ケアマネージャーなどがあります。

どうして、資格を取った方がいいんですかね。
・仕事の幅が広がるから
・給料があがるから
・持ってた方が無難だから
・転職に有利だから

色々理由はあると思います。
取る理由は人それぞれですし、その理由を否定するつもりはありませんが…

「知識を得て、より良いことをするため」

資格が出来た理由ってこれだと思うんです。
それなのに、これが抜けている人は結構いて、資格を権力のように使ってたりする人を見ると非常に悲しい気持ちになります。

無難だからという理由で取った資格の知識って多分すぐ薄れていきます。それってどうなんですかね?

無難だから資格を取るではなく、好奇心から資格を取る、志高い介護士がもっと増えてくれたらいいなって思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

淡々と生きる

淡々と生きる。


先のことを考えず、
目標を持たず、
今、目の前にある環境や、感情を受け取って生きる。


とはいっても、なんとなく怖い。不安がある。

何がそんなに不安なのか?
人は成長し続けないといけないのか?


多分勝手な思い込み。(常識)


これにとらわれてる以上、ずっとずっと続く、満足することや不安がなくなることはない。


この洗脳を解いていく。
◯◯しないといけない、から
◯◯しなくても大丈夫へ。


今を淡々と生きる。
淡々と生きてもいい、大丈夫と信じてみる。




でも、、ちょーこわいっすよね。。

不安もちゃんと受けとれってことなのかな。

知らぬ間に勝手に苦しんでる?

こんにちは、なやまです。

生き方や心の持ち方等をブログに書き始めて20記事を迎えました。
読んでくださってるかた本当にありがとうございます。

ブログを書いてて、アクセス数が増えるとやっぱり嬉しいんですよね。
それで、アクセス数増やしたいし、毎日書いた方がいいという思い込みがあったので、できるだけ毎日更新をしようとしていたのですが…

私には無理ですね。

義務を減らそうって記事を書いたにも関わらず、書いた本人も自分で勝手に重荷になる義務を増やし、苦しんでました。
出来ないものは出来ませんね。(あ、こういうのも書いたなw)



これからは無理せず、自分のペースで更新していこうと思います!出来るかな?やってみます!(笑)

私もまだまだだなぁ。

辛いことが起こるのには理由がある

こんにちは、なやまです。

今回は、辛いことはなぜ起こるのかについて書いていきます。

辛いことにも種類がありますよね。
ちょっと辛いことと、死ぬほど辛いこと。


ちょっと辛いことは、自分の行動を今ある知識のなかで修正出来たりします。


死ぬほど辛いこと。
これには起こるべきして起こっている明確な理由があります。

死ぬほど辛いことは、その時(今後)、その人に必要な「学び」に気づかせてくれようとして起きているんです。



私を例に出すと、
私は数年前に失恋をしてめちゃくちゃ凹みました。
半年は引きずっていたと思います。
ですが、その失恋をきっかけに女性心理を学び、流れで心のことを沢山勉強し、より生きやすく、自分らしく生きる方法を学ぶことができました。


その一、二年後、ずっと疑問を抱いていたブラック企業を退職することが出来ました。
自分を大切にすること(守ること)を学んでいなければ、ずっとそこにいたかもしれません。


死ぬほど辛いこと、本当に死ぬほど辛いですよね。


ですが、それは決して無駄な辛さではありません。


あなたに大切な何かに気づかせようとして起こっています。


かといって、無理にポジティブにならなくていいです、辛いときは辛いんです。

泣いていいんです、そんなときまで人に優しくしなくていいんです。自分に優しくしてあげてください。そうしているうちに、何かに気づくはずです。